RSS | ATOM | SEARCH
程々
やり過ぎてもダメ、やらなさ過ぎてもダメ

心も体も

程々に

程々を保つことそのものが

人生の修行のように思えてならない

上を見ても下を見てもキリがない

程々

ちょうど良いあんばいを保つこと

これは本当に難しいことだが

そこに意識を向け続けることで

目の前のすべての出来事が

心を自分のどこに置くかが

見えてきはじめて

感じる世界が大きく変わってくる





これからも、程々を全力に意識して、動き続けること

そして、良い意味で「程々に居心地良き家」を、造り続けて、生きたいです☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:22
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://www.takata-archi.com/trackback/1296