RSS | ATOM | SEARCH
かほく市 A様邸 住みながらリノベーション工事 完成
かほく市 A様邸 住みながらのリノベーション工事が完了し、先日お引き渡し式となりました☆☆☆☆☆

(お客様のプライバシーのため全体画像は少なめで…笑)

before







after☆☆☆☆☆





























A様邸

ノスタルジックな和空間に、気品溢れる英国ウィリアムモリスの壁紙、ヴィンテージ品のステンドグラス、ヨーロッパ諸国の想い出の地を建具にレーザーで彫り込み、手洗い鉢に描く

綺麗な群青の壁を活かして「和と洋の妙の素晴らしさ」を表現

スパイスとしてガウディ建築として有名なサクラダファミリアの光のバランスをペンダント照明にて表現

最後は九谷の重鎮、武腰敏昭先生の「王鳥」図柄をシェアアートを用いて暖簾とし納め、完成しました

和と洋とアンティーク、ヴィンテージ、ガラス作家や陶芸作家、そして武腰先生の図柄が一体となった「和と洋の妙の素晴らしさ」を全て一つに繋げて表現、A様ご夫婦の望む「極上の気品と重厚感、更には遊び心溢れるいつまでも居心地の良い空間」をつくらせて頂きました









「歳をとったらこのお二人のような夫婦になりたい」

心からそう思えるご夫婦の、仲睦まじきセンスが土台となって新たに誕生した、リノベーション空間





「感無量」





A様ご夫婦

いつまでも変わらぬ愛を…

どうかよりいっそう、想い出溢れるこの家を可愛がって頂ければ、この上なき、幸いです☆☆☆☆☆




「最後まで信じて頂き本当にありがとうございました」





これからも末永く宜しくお願い致します☆☆☆☆☆…





NOBU
author:NOBU, category:画像・絵, 17:33
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://www.takata-archi.com/trackback/1285