RSS | ATOM | SEARCH
親友
この歳になって、新たな「親友」が出来るのは本当に嬉しいものである

うわべだけの付き合いではなく、嬉しいことも自分ごとのように共感し喜んでくれ

そして辛く悲しいことも、自分ごとのように想い心配して、助け、チカラをくれる

僕のなかでの「親友(心友)」と言われれば、辛く悲しく堕ちているときに、どれだけ自分に寄り添い自分ごとのように、心配してくれるか?


これに尽きる

あなたのまわりには、一体、何人こういう人がいますか?

数が多けりゃ良いものでもないし、いないことが悪いって言ってる訳では決してない

ただ、もしもあなたが、そういう親友に巡り合いたいのであれば、日頃から周囲への感謝の気持ちを、言葉態度行動に現して、自分自身が動いていくこと、これが一番なんだと、そう思っている

今日は節分、明日は立春、そして明後日5日は旧暦でいう元日

このタイミングにと、親友から大切な贈り物が手紙を添えて自宅に届いた


言葉では言い表わせないぐらい、胸に響いた、嬉しかった…

親友

「親友とはつくるものでなく、勝手に出来ていくもの」

これもある意味、間違いではないかもしれないし答えかもしれないが、僕はあえて、言いたい

親友とは

「相手に感謝を伝え動き時には助け、自らが一緒につくっていくもの」

ある意味、戦友に近いのかもしれない

そうやって本気で動いて、表も裏も見せ合っていくうちに、つくられていく関係性が、親友のように、思う





決してあなたは、一人ではない





自らのすべてをさらけ出し、相手を自分ごとのように思い、動く






一歩、前へ、踏み込む




人に生まれてきたからには、もちろん、すべてとはいかないが、そういう関係性をこらからも、ドンドンと生んで巻き込んで、生きたい





Nさん、この場をお借りしまして、心から、ありがとうございました!☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:06
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://www.takata-archi.com/trackback/1249