RSS | ATOM | SEARCH
今年最後の白山さん


今年最後の白山さんお一日参り

先月への感謝、そして今月への抱負を告げに

そのあと「お馬さん」横のベンチに座り、次々と来る参拝の方たちの本殿前での姿を、約1時間ほど眺めていた

声高らかに祝詞をあげるひと

二礼二拍一礼した直後に太鼓や笛の音が鳴り出すひと

参道を風が流れるひと

木々がガサガサと揺れるひと

賽銭箱にお金を投げ入れるひと

そっとお賽銭を入れるひと

手を合わせるひと

合わせないひと

30分間ちかく頭を下げ続けているひと

とにかく、書けばきりがないのだが、各々の参拝と同時に、ひとりひとりの思いや願いなどが、ずっと見ていくうちに、気づいたことがあった

「背中から出ているオーラ」

陰気と陽気、どちらが、ハッキリと出ているかが分かるようになってくる

確実に陽気が出ているひとは、感謝を伝え、参拝のタイミングと同時に、風が吹いたり、雨が止んだり、太鼓や笛の音色がなり出すことが、実に多く

後ろ姿が、なぜか、あくまで僕個人の感覚だが「暗いひと」は、ずっと長時間、おそらく願い事をしているひとがほとんどであった

そういうひとには、風が吹くことも、木々がざわつくことも、笛や太鼓の音色が鳴り響くことも、なかった…


けれど、そのひとたちに自分の精一杯の気持ちで「大丈夫!乗れ切れ!試練だよ!乗り切れ!頑張れ!大丈夫」と、無言の声かけを背中からかけ続けた

「こういう話」は以前にもよく聞いたことはあったが、今年最後の12月に、それを目の当たりにした


すべては、個人の自由です

けれど、僕個人として思うのは

神様に心からの感謝をもって「ありがとう」と伝えられる自分は、今現在、幸せだということ

願いより、感謝

そう想い生き続けてゆけるよう

これからも日々精進したいと思います
今月はありがたく、勢いある太鼓の音色で、僕の背中を押してくれました

感謝です☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:画像・絵, 18:14
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://www.takata-archi.com/trackback/1188