RSS | ATOM | SEARCH
必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ

もしも自分に息子がいたら
「暢長」という名を確実に付けてたと思います(笑)

---------------------------------------------------------------

必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ!
いつの時代も変わり者が、世の中を変える!

【 人生に光を放て!織田信長の名言 】
 
・必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ
 
・生まれながらに才能のある者は、それを頼んで
 鍛錬を怠る、自惚れる。
 しかし、生まれつきの才能がない者は、
 何とか技術を身につけようと、日々努力する。
 
・攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな。
 
・理想を持ち、信念に生きよ。
 理想や信念を見失った者は、戦う前から
 負けているといえよう。
 そのような者は、廃人と同じだ。
 
・仕事は探してやるものだ、自分が創り出すものだ。
 与えられた仕事だけをやるのは、雑兵だ。
 
・組織に貢献してくれるのは「優秀な者」よりも
「能力は並の上だが、忠実な者」の方だ
 
・およそ勝負は時の運によるもので、
 計画して勝てるものではない。
 
・身の危ういのをかえりみないのは、
 それほど手柄と言うことはできない。
 今後はこの心を忘れるな。
 
・絶対は、絶対にない
 
・戦に勝るかどうかと兵力は必ずしも比例しない。
 比例するかそうでないかは戦術、つまり自身に
 かかっているのだ。
 
・臆病者にはすべての敵が、大軍見える。
 
・人は心と気を働かすことをもって良しとするものだ。
 
・用を言いつけられなかったからといって、
 そのまま退出するようでは役に立たない。
 その点、お前は塵に気付いて拾った。
 なかなか感心である
 
・器用というのは
 他人の思惑の逆をする者だ
 
・およそ勝負は時の運によるもので、
 計画して勝てるものではない。
 功名は武士の本意とはいっても、
 そのあり方によるものだ
 
・いつの時代も変わり者が世の中を変える。
 異端者を受け入れる器量が武将には必要である。
 
 − 織田信長 −

NOBU
author:NOBU, category:画像・絵, 18:02
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://www.takata-archi.com/trackback/1160