RSS | ATOM | SEARCH
小学校時代
小さい頃の話ね

ほんでいまの話しね

計算すんの、好きだった?

イタズラ考えんの、好きだった?

黙々となにか作んの、好きだった?

とにかく飛んだり跳ねたり走ったり運動すんの、好きだった?

なにを言いたいかというとね

それなのよそれ!

それで成り立ってんのよ

グループやチームや組織は

お勉強のほうの頭を動かすのが大好きだったあなたは、トコトンその脳みそを使うポジションに

お勉強は大嫌いだったけど、イタズラ大好き!まわりを驚かせたり喜ばせたり、とにかくそんなことばかり考えてたあなたは、もっと大きなサプライズをトコトンやって

ただ黙々と延々と次から次へとひたすら黙って物を作っていることが大好きだったあなたは、まだまだ!もっとトコトンそれをやり続けて極めて

とにかく動いてないと気が済まなかった運動大好きだったあなたは、とにかく止まることなかれ!更に動くスピードを極めて!もっと極めて

それなんです

それ


適材適任、適材適所

ちゃんと役割りを自分で知って、それをプライドにして個々がチームとなったとき、これは強し!

実力だけあってもダメ

運だけあってもダメ

才能だけあってもダメ

すべての歯車が最高のカタチで噛み合ったとき、

これ

ものすごい「最高の錯覚」とやらを起こし出し、

ものすごいチームをつくり出し

あとは継続へと、頑張り出す





最高の錯覚を生み出すということは

「最高のファンたちを得る」ということ

これ、

すべてにおいて大切

やっぱりひとは

1人で生きらんね〜生き物なんです

どんなひとにも役割りがあり

かけてもらっちゃ

困るんです

そう

まわりを見渡せるようになったとき

きっとあなた自身が「最高の錯覚」を起こし出しています





人生

実に

面白い





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 21:20
comments(0), trackbacks(0)
父の死
80ちかくになる父ちゃんに

父の日へと

極上の霜降り肉を奮発して持ってった

玄関先で受け渡し、たわいもない会話をする父の嬉しそうな顔を見て

なんだろ〜…

なんだか胸が苦しくなった

「あと、こういうことが何度出来るのだろうか?…」

初めて、父の死を決して変な意味ではなく意識してきた(至って父は元気です)

息子、娘、父、母「親と子」

いくつになっても、親と子

ありたっけの自分の出来る限りのことを、両親に、出来る限り悔いのないよう、していこうと思う

そして、そんな姿を、我が子に見せていこうと思う

そして、そんな家族たちが泣き笑いして互いに成長していく、あたたかい家を、これからも本気でつくり続けていきたい

そう手綱を締めた

そんな父の日でした☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:21
comments(0), trackbacks(0)
格好つけすぎ石川県民!笑
デザイン・センスが良い悪い、と、

よく耳にするが

そこで「錯覚」を自分が起こしているかいないか、自分に聞いてほしい

「あの人が持っていたから、あの人が良いと言っていたから」

あの人があの人が!!!!!笑

まてまて!!!!!

「オマエは誰だよ?????」笑

とにかく!自分に素直になりなさい!

究極のデザインとは「究極の居心地の良さ」と、いうことを忘れないでくださいまし!

格好つけすぎ!石川県民!プライド捨てろ!笑


錯覚に騙されすぎんな〜
オマエは、オマエだよ





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 17:50
comments(0), trackbacks(0)
明日は、ない。
今日という日が最後だとしたら

今日という日が最期だとしたら

誰と過ごしたいか

誰といたいか

何をしたいか

どこに行きたいか

誰にどんな言葉をかけたいか

自分にどんな悔いがあるか

自分はなにが楽しいか

どうやって自分自身の人生というドラマの、最終回を飾るのか

悔いなきように出来る限り過ごすであろう

いま、あなたのアタマに浮かんだすべての出来事や考えが

きっとそれが、タカラモノです





「生きぬく答えです」





皆さんご一緒に





幸ある人生にしましょう☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:06
comments(0), trackbacks(0)
勢い
勢い

「ここだ!いまだ!」

その時をひたすら待ち

そう心から感じた時には

「迷わず一気に攻め動くこと」





最近、戦国武将のようなことばかり書いてる自分がいることに、ふと気づく…笑





とにかく





「いまは攻めだ」





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 21:14
comments(0), trackbacks(0)
見えた
見えた!!!!!

うん、見えた!!!!!

確実に、見えた!!!!!






コレは、新しく、続く…





そして





「イケる」





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 20:31
comments(0), trackbacks(0)
3つ目の道をつくる
ただひたすら

その時を待つ

という

「一歩」

焦るな

早まるな

冷静に

2つの道しかない帰路に立たされ

迷いに迷うときは

「3つ目の道をつくる」





最近になって気づいた

考え、視点です





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 17:38
comments(0), trackbacks(0)
まずは目の前の人たちから
家庭が安定安泰してないと

仕事もプライベートも本気を出さない

仕事とプライベートが安定安泰してないと

家庭が上手くいかない





これは僕「天秤にかけても同じ重さ」だとは「思わないんです」

皆さんはどうでしょうか?





あくまで個人的意見ですが





まずはやっぱり「家族です」





家族という輪がしっかりとしていなきゃ、人の輪をしっかり繋ぐことは、出来ません

親や子を、大切に出来ない人間が、他人を幸せにすることなど、出来ません





家づくりに拘る人間である以上、特に家族を大切にすることは、すべての基盤になってくるように思う、今日この頃です…





今日も嫁や子供に、感謝しよう☆☆☆☆☆





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:57
comments(0), trackbacks(0)
気づいてました?
皆さ〜ん!知ってました?気づいてました?

「令和」

今日から令和だ〜!と、日本中が大フィーバーから、今日で早一ヶ月

いまは遠い昔のように、何事もなかったように、普通に令和を、生きています!笑

熱くなりすぎず、冷静に冷静に…

どうか、目の前の、いつの時代よりも、いま!

いまを生きてくださ〜い!





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 18:55
comments(0), trackbacks(0)
勝ち組と負け組
「オマエは勝ち組やんな〜!俺は負け組!高校んときは同じやったのにんな〜!」

友人から唐突に、そう言われた。






「じゃあ聞くけど、オマエの勝ち組と負け組って、なにで決めてんの?」

すかさずそう返すと

「そりゃ〜やりたい仕事して金もらって家族がいてなんでも好きなこと出来てとかなんじゃね?」

またすかさずこう返した

「オマエ、いまシアワセなんけ?」

すると彼は「ま、身体だけは丈夫だし、悩みも特にないしなぁ…シアワセって言えばシアワセかんな〜…」





「なら!オマエはよく分からんけど、勝ち組なんじゃね?!、勝ちとか負けとかそんなもんどうでもよくて、要はオマエがシアワセかどうか、そこなんじゃね?」





あなたの思ってる「人生の勝ち負け」とはなんですか?????

きっと、人それぞれ違うんだと思うし、まわりが他人の勝ち負けを判断してはいけないんだと思います

なぜなら、自分がいま、幸か不幸か、それが一番素直で正直な、人生の答えですからね





「あなたはいま、心からシアワセですか?!」





NOBU
author:NOBU, category:ひとりごと, 19:35
comments(0), trackbacks(0)